ダウン症の子育て 中学生から高校生へ

IMG_20151212_230632[1]


  • 娘のこと

スポンサードリンク

知的障害児に通信制高校という選択はある?

娘の
「支援学校へ行ってもいい」
発言の後、

娘より4歳上のダウン症の息子さんを持つ友人に、
「ある程度のことが出来れば、通信制高校という選択肢もあるよ。」
と教えてもらった。

だから、
とりあえず調べてみることにした。

姫路市内で資料を集めようとあたったところ、
姫路駅周辺だけで9校もサポート校があることがわかった。

サポート校には、
通信制高校の母体がある。

そして、
主にどんな生徒が通っているかというと、

勉学以外のやりたいことに時間を使いたかったり(芸能、スポーツなど)
不登校だったり、
病気・もしくは病弱、その他の事情で全日制の高校に通えなかったり、
入った高校にあわず編入してきたなどの、さまざまな理由をもつ生徒。

でも、
人は楽な方に流される傾向があるから、
通信制では、なかなか卒業できないことが多かったらしい。

それで、
通信制高校の卒業をサポートするために、教育と場所を提供している
のが、サポート校なのだ。

高校資格を出してくれる本校は別にあるので、
スクーリングと言って何日間か本校に通うことが決められている場合が多い。

サポート校は、
週1から週5日までのコースがあり、
学校によってやり方はいろいろだが、
レポート、確認テスト、合計74単位取得で卒業というところは同じだった。

確認した9か所中、足を運んだのは7か所。
そのうち、
兵庫県教育委員会 技能連携校に指定されているのが2か所。
詳しく説明してもらえたのは3か所。

入れてもらえるかどうかはわからないが、
「テストができなくても、
中学校の課題を頑張って提出できる人は、行ける高校があるみたいよ。」
とパンフレット見せて説明してみたら、

なんか頑張って課題に取り組み始めたのが目に見える。

期末テストも、
0点はないけど、最下位のテスト結果を手に、
ちゃんと感想書いて(自分で成績をふり返って感想を書いて提出する用紙がある)
私のサインをもらいにきた。

ここ数回は、見せてもくれなかったから、
感想も提出してないはず。

私がテスト結果を見て
「高校は、無理やから、支援学校行ってね」
って言われるのが嫌だったのかな?
と思ったりもした。

本当のところはどうなんだろう???
そして、どうなるのだろうか???


スポンサードリンク



Pagetop MySQLデータベース