ダウン症の子育て 中学生から高校生へ

IMG_20160531_234748


  • 娘のこと

スポンサードリンク

ダウン症の娘 何したの?検尿 再検査?

中学3年生、ダウン症の娘。
何かと予測外のことをやらかしてくれる・・・

「明日検尿なんですが、再検査でお願いします。」
と担任の先生から電話があった。

?????????

IMG_20160601_123750

なんと、帰りにトイレに行き、うまくできるか試そうとしたらしい。
線まで入らなかったから、先生に聞きに行ったらしく、発覚した。

”自分でやりたい。でも心配だからこっそり練習。”
時と場合によってはいいんだけど、今回に関しては、全然先のことを考えていない。
もうちょっと事前相談ができないかな・・・と思うのだ。

 

容器を再び使うのはどうかということで、再検査の日にということになったのだが、検査できない子の容器が手に入ったということで、学校まで取りに行った。
もともと名前まできっちり印字されていたが、先生が手書きで名前をはってくださっていた。

線まで入れるにはどうしたらいいか?
を詳しく説明。空の容器をへこませて見せる。

普通は、
”できる限り容器を押さえて空気をぬくことで、うまく入る。”
とわかるものだ。

押さえると入ってくるのはわかるけど、たくさん入れるためにはどうするの?
そのあたりのちょっとした当たり前、どうするかの要領がわからないのが、彼女なのだ。

やり方を丁寧に教えてもらえば、できることも多い。
だから、心配な時、不安な時は、まず”やる前に聞く”だよ。ということだ。

IMG_20160601_123856

翌日、無事一人でうまく処理して持って行った。

 

逆に、
うまくできないと自分で思うときは、やらなければならないことでも、やらない。ということもある。

やっぱりそこには、うまくやりたい。がある。

失敗しても、うまくできなくても、今、やってみるのが一番。

「出来はどうでも、やってみるのが大事。」
私が、よく言うことになるセリフです。

基本は、やりたがりなのですけどね・・・


スポンサードリンク



Pagetop MySQLデータベース