ダウン症の子育て 中学生から高校生へ

てくちゃん


  • 娘のこと

スポンサードリンク

ダウン症児 こころの中をのぞきたい。

ダウン症のお子さんで、
入学前は、あんなに明るくて
あんなふうに育っていったらいいな・・・
と言われていた子が、
小学校へ入ったら、生気がなくなってしまった。
その話を聞いたことが忘れられない。

娘が小学校へ入学する数年前の話。

本人を知らないので、何とも言えないのだが、
精神的に強いダメージを受けたのではないか?と
推測してしまった。

心のダメージを言葉にする能力もなく、
癒してもらえる人も物もなく、
それを自分の中で消化することもできず、

無気力状態になってしまったのではないか?

そう考えた。

が、心の中をのぞくことはできないので、
実際はわからない。

追い詰められたときの逃げ場は?

ストレスの解消方法は?

意識はしてきたけど、
なかなか難しい課題でもある。

娘にとっても、私にとっても。

心の中ではどう思っているのか?

ダウン症で、
「爪かみ」と「歯ぎしり」をするお子さんは
非常に多いと感じる。

「歯ぎしり」は、歯並びのせいもあるだろうが、
「爪かみ」は、
やはりストレスの現れなのだろうか?と思ったり、
癖になってしまっているせいなのか?と思ったり。

でも、家の娘はもっとひどい。
「おでこの傷」がなおらない。

小学生の時、何年もやめられず、
やっと生傷がなくなったと思ったら、
また最近はじめた。

「自分の体だから、大事にしてやって!」
なんていっても、効果はない。

確かにストレス状態もあるのかもしれないが、
無意識状態にやってしまうというのもあるように感じる。

なんで?
って聞いても説明なんてできない。

自分でもなぜかわからないんだと思う。

先日の朝、
何度も起こし、(たいていいつもだが)
「行く」というから弁当を作った。

でも、時間までに起きれなかったので、
欠席の電話をかけた。

「行く」って言いながら、
起きなかったことに対して叱った。
朝ごはんも、弁当も間に合うように作っているのだから・・・

行きたいけど、起きれない状態はわかっても、

夜、意識して早く寝ようと思わないことが
一番大きな問題。

心では実は学校を拒否しているのかと
考えてみたりする。

友だちは、遅く寝ても
必ず、朝起きて登校できる。

自分は早く寝なくちゃと思ってほしいのだが
そう思ってくれないところが難しいし、
わたしがイライラするところ。

それで、休んだその日のホワイトボードがこれ。

学校休むことになったのは、
私のせいのよう・・・

P1000400

てくちゃんへ
私もてくちゃん(の)ことが大好きです。
いつも一緒にいると悲しいときはそばにいて私をはげましてくれるので本当に
うれしいです。これからも困難の中ですけどてくちゃんとともに新しいく(新しく)
きらきら輝やく(輝く)みらいなど築きあげていきたいと思っています。
お姉ちゃん(の)せいでこんなことになったのですが明日は必ず仕事にいくように
するので、ほめ言葉で地球の全体をよりかいてきに(より快適に)日の光をあびながら
生活していきたいです。
てくちゃんこれからもよろしくお願いします。
ママより

 

注)悲観しながらも、ごっこ遊びの世界にどっぷりです。
「てくちゃん」は私がキットで作った「てくてく人形」
「お姉ちゃん」は私のこと。 仕事=学校
「ママ」は自分のこと。

書くことで、本人はすっきりしているのだろうか?

よくはわからないが、休んだ次の日は、
ちょっと気合い入れて起きてくる。

このホワイトボードが一番長く使っている、
一番重宝したものかもしれない。


スポンサードリンク



Pagetop MySQLデータベース