ダウン症の子育て 中学生から高校生へ

isekijinjyachaseki


  • 娘のこと

スポンサードリンク

秋祭りの茶席手伝い

小さな子ども神輿が2台でる、実家の氏子神社の秋祭り。

 

ここで茶席を開くようになってから、毎年、毎年、休まずにもう何十年も続いていることが、主催される先生のすごさだと思う。

 

野点席なので、準備も一からになるので大変だ。
私は、時々の参加だったが、娘が参加したい人なので、ここ数年自動的に参加している。

 

 

茶道 ずっと続けたい好きなもの?の記事を書いてから1年。

 

娘は、身長140cmと少ししかないと思うが、幅が出てきたせいか、着慣れてきたせいか、着物姿も板についてきたような気がする。

 

七五三の後、着れる着物がないと思い、汚れてもいい化繊で一着つくってやったが、2度ほど着て、もう着なくなった。

着物も着る人のところへ集まってくるものらしく、着るものに困らなくなった。
すると、古くてもやはり、絹の着心地の方が断然いいから、それを着ることになる。

 
手伝いに来て、まずお茶をいただく娘。
この茶席を開かれている先生をはじめ、顔見知りになった先生方にも優しく声をかけていただけるので、彼女は、それもうれしい。

img_20161009_113252

 

やったことのない茶箱のお手前もさせてもらっていた。
何かと尻込みすることも多いのに、やったことなくてもこれはやれるのね・・・

img_20161009_132813

 

今年のお菓子は「柿」。 私も、美味しくいただいた。 感謝!
img_20161009_130053

 

ともかく、手伝いに来て役に立つ人になってきたことは確かなこと。
やっぱり、経験を重ねていくって大事だね。
img_20161009_115040-2

今、楽しく頑張れること。そのひとつがお茶のようだ。


スポンサードリンク



Pagetop MySQLデータベース