ダウン症の子育て 中学生から高校生へ

IMG_20160123_200359


  • 体験

スポンサードリンク

子どもも食に対する関心を深めて欲しい。簡単、塩糀づくり

塩糀を、「小松屋」という手作り味噌の老舗へつくりに行き、
今、糀にはまっている。

塩糀は、身体にいい、使うと料理がおいしくなる、簡単便利!
(娘も連れて作りにいく予定だったが、さぼって課題ができていなかったので、
連れていくのはやめたという経緯がある)

はじめてつくった塩麴をすっかり使いきってしまったので、
新しい生糀を分けてもらってきた。

娘にも発酵食品のこと、少しでも興味をもってもらいたいなと思い、
「塩糀、一緒につくろうと思うんだけど」と声をかけた。
つくるのは好きなので、一緒につくろうと言ってもらうのは、嬉しい。
生の米糀500g

IMG_20160123_195955

「きれいにばらばらになるまで、揉んでよ~」
「もちもちしてる~ご飯みたい。」
「ご飯みたいって、これご飯や。ご飯に、食べられる菌をつけて、発酵させてるの。だから、
こんなふうになって、米糀って名前がある。」
「ふ~ん、そうなんや。」
IMG_20160123_200411

「塩入れて。」(塩110g)
IMG_20160123_200650

「塩が全体にいきわたるように、丁寧に混ぜてね。」
IMG_20160123_200713

「きれいに混ざったから、水入れてね。」(水500cc)
IMG_20160123_201155

「冷た~い。」と言いながらまぜて、完成。
IMG_20160123_201412
「え?もう終わり。」
「終わり。後は一日一回混ぜて、熟成を待つだけ。」
「・・・・・」

「明日、やることちゃんと済んだら、甘酒で蒸しパンつくろか?」
”やることちゃんとすんだら”
をつけないといけないのが、つらいところ。


スポンサードリンク



Pagetop MySQLデータベース