ダウン症の子育て 中学生から高校生へ

あかちゃんのうた


  • 絵本・本

スポンサードリンク

松谷みよ子 あかちゃんの絵本に順位をつける

今年の2月に89歳でお亡くなりになった
児童文学作家の松谷みよ子さん。

乳児絵本の中でもよく読んでやった記憶の残る
童心社から出版されている『松谷みよ子 あかちゃんの本』シリーズ。

このシリーズは、『もしもしおでんわ』だけ購入していないが、
どれも好きだったように思う。
今、中学2年になった娘に見せて、
好きだった順位をつけてもらいました。

「なつかし~」と言いながら、
2位から順に選び、
最後に残したのが1位でした。
(「どれが一番好き?」と聞いたものだから、もったいぶった態度にでたようです)

では、娘の選んだ順位です。
第7位
『いいおかお』 瀬川 康男 え
いいおかお
いいおかお (松谷みよ子あかちゃんの本)

きっと、この本で「いいおかお」の意味をわかってくれたんじゃないかなあ?

第6位
『もうねんね』 瀬川 康男 え
もうねんね
もうねんね (松谷みよ子あかちゃんの本)

寝る前によく読んでいました。
ももちゃんのかわりに、娘の名前を入れて・・・
娘のまわりのものもすべてねんねさせて、めをつぶるように誘導していました。

第5位
『おさじさん』 東光寺 啓 え
おさじさん
おさじさん (松谷みよ子あかちゃんの本)

離乳食をはじめたら、おさじさんは必ず使う大事なもの。
上手に使えるようになってね。の気持ちを込めて読んでいました。
そして、スプーンを使って食べさせるときにも使っていたような気がします。

第4位
『のせてのせて』 東光寺 啓 え
のせてのせて
のせてのせて (松谷みよ子あかちゃんの本)

この本のセリフは、ごっこ遊びにも使いましたし、
実際に車にのって、トンネルをぬけるときも使いました。
「あなたはだあれ」と共に、今でも車好きの娘の原点の本かもしれません。

第3位
『いないいないばあ』瀬川 康男 え
いないいないばあ
いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)

絵本でなくとも、いないいないばあ遊びはよくしました。
数ある「いないいないばあ」の絵本の中では、これが一位。(私の中では)

【娘 1歳6か月ごろの写真】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第2位
『あなたはだあれ』 瀬川 康男 え
あなたはだあれ
あなたはだあれ (松谷みよ子あかちゃんの本)

あてっこも楽しい絵本。
「のせてのせて」同様、ごっこ遊びのネタになり、
実際に車を出発させるときのセリフにも使っていました。

第1位
『おふろでちゃぷちゃぷ』
おふろでちゃぷちゃぷ
おふろでちゃぷちゃぷ (松谷みよ子あかちゃんの本)

お風呂好き、水遊び好きの娘、当然の1位のような気がします。
さいごの「あたま あらって きゅーぴーさん。」
遊びました。娘の頭で。写真まであります・・・

番外編
『あかちゃんのうた』いわさきちひろ え
あかちゃんのうた
あかちゃんのうた (松谷みよ子あかちゃんの本)

これは、娘が乳幼児のころ、暗唱できるくらいよく読んだ本です。
おむつをかえたとき、散歩をしたとき、犬や猫にあったとき、
お風呂にはいったとき、眠るとき、遊ばせ遊びとして、
よく口ずさんだ本です。

ただでさえ、言葉は遅い娘だったから、
「言葉の発達」のためにも、
同じ繰り返しの絵本の言葉は、大切にしていました。


スポンサードリンク



Pagetop MySQLデータベース